こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. ビジネス研究科ホーム
  2.  > アーカイブス
  3.  > 外部資金の取得(林 廣茂)

外部資金の取得(アーカイブ)

林 廣茂

マーケティング技術と実務知識の日本から東アジアへの移転研究(五大学による共同研究)

自動車、電機・電子から化粧品・食品、飲料、そして小売業に至るまで、日本から東アジア(韓国、中国、台湾そしてアセアン諸国も含め)にマーケティング技術と実務知識が膨大に移転しています。このことは日韓間では、林の著書『国境を越えるマーケティングの移転』(同文舘出版)で体系的な実証がなされています。
この共同研究では、東アジアにフィールドを広げ、一段と多くの製品分野での移転を研究して、その効果、各国マーケティング技術への貢献などを詳しく実証します。
主管校は法政大学・経営大学院で、DBS(林)をはじめ、学習院大、一橋大、京都工繊大からマーケティング研究者で共同研究を行ないます。5月25日に第一回目の合同会議を法政大で行ないます。DBS(林)は主に中国・韓国を対象とした研究を行ないます。

近隣国のメディカル・ツーリズム産業が本邦の医療サービスに及ぼす影響に関する研究

メディカル・ツーリズムを振興している・今後しようとしている国(地域)が提供している医療サービスの内容(○○移植など)と量・件数及び政策的支援を調査します。
そのために、
  1. これらの国の、外国人患者を積極的に受け入れている病院を訪問して提供医療サービスを調査します。
  2. これらの国の保健行政及び観光行政の担当者を訪問し、メディカル・ツーリズムに関する行政情報を調査します。
主管校は京都大学・医学研究科で、DBS(林)は医療サービスの観点に留まらず、消費者行動の予測などマーケティング研究の手法を応用して、医療サービスの購買、医療サービスの特性などの分析を担当します。
同志社大学大学院ビジネス研究科は、
(財)大学基準協会の経営系専門職大学院基準に適合していると認定されています。
認証評価結果
大学認証評価
.