こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. ビジネス研究科ホーム
  2.  > カリキュラム
  3.  > プロジェクト研究とソリューションレポート(2006年度公開ソリューションレポート一覧)

プロジェクト研究とソリューションレポート

2006年度公開ソリューションレポート一覧

  • 技術企業の望ましい多角化とは−製造業に着目して−
  • 日本企業の間接部門改革−オムロン パーソネル(株)が開発した新手法の評価と課題解決提案−
  • 携帯電話インターネットにおけるイノベーションの構造と今後の展望
  • 卸売市場における生鮮青果物流通の効率化についての提言 −輸入果実を中心とした新しい取引モデルの考察−
  • 医療用医薬品におけるブランド・エクイティ戦略
  • 内部統制システムのモデルを求めて−M社内部統制システム確立事例から−
  • 売上高至上主義戦略は持続可能か〜システムダイナミックスによる日本マクドナルドの戦略分析〜
  • 水産物流通革新事業のビジネスモデル〜サプライチェーンマネジメントによる魚食文化の継承〜
  • PCパッケージソフトウェアのブランドマネジメント戦略
  • ベンチャー企業の「リスク情報」開示における問題点について
  • 犯罪から子どもを守るシステムの考察−防犯技術の普及に向けたコスト軽減と費用分担策−
  • 地域金融機関における21世紀型メインバンク戦略 − 自行の経営戦略として −
  • オーナー企業の自社株式承継への対応策と指導マニュアルの作成
  • 京都伝統工芸品の海外向けインターネット・マーケティング〜文化を伝えるビジネスモデルの構築に向けて〜
  • Top Management Localization for Successful Globalization of a Leading Japanese Company− A Case of Company T−
  • Global Strategy to develop Chinese market : A case of the US pharmaceutical company
  • 「地域ブランディング」 〜あそ・小国郷ブランドの確立に向けて〜
  • 環境問題と今後の企業経営〜 地球温暖化問題を中心とした法的考察 〜
  • 株式会社京写の成長戦略
  • 社内カンパニー制の発展に向けた会計の役割−大日本スクリーン製造における検討−
  • 独立行政法人 京都国立博物館の経営を考える−ほんものが持つ価値が共鳴を起こすことで新たな社会と組織をつくる−
  • 生産財ライフサイクル変革
  • 経営実績と事業計画はなぜ乖離するのか?〜システムダイナミックスによる?イシダの戦略分析〜
  • 企業とNPOの協働を推進するシステムの構築−企業の視点を活かす中間支援組織の共同設立−
  • ものづくりを支える新たな教育サービス事業の提案と考察
  • オムロンにおける企業価値経営の実践−現場と連鎖した運営構造を目指して−
  • 子会社の持続的成長をもたらすサブ連結ガバナンス
  • 高齢者の住まいと介護のあり方−介護対応型高齢者住宅のビジネスモデルを提案する−
  • 企業経営スタイルの研究
  • A社半導体部門の立場でみた日本の総合電機業界と半導体業界への提案− 日本の復活はあるのか? −
  • 地方自治体の財政破綻はなぜおこるのか−システムダイナミクスによる大阪府八尾市の分析−

同志社大学大学院ビジネス研究科は、
(財)大学基準協会の経営系専門職大学院基準に適合していると認定されています。
認証評価結果
大学認証評価
.