こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. ビジネス研究科ホーム
  2.  > カリキュラム
  3.  > プロジェクト研究とソリューションレポート(2007年度公開ソリューションレポート一覧)

プロジェクト研究とソリューションレポート

2007年度公開ソリューションレポート一覧

  • 「中小建設業の事業再構築とその戦略化」−事業化モデルとその可能性−
  • 中小食肉卸売業の今後の展望と方向性についての提言--豚肉専門卸売の自社が生き残るビジネス展開--
  • メディカルフィットネス参入に向けたビジネスモデル〜フィジカルからメディカルへ〜
  • 邦銀のオペレーショナル・リスクの本質〜オペレーション効率が企業寿命を変える〜
  • 中小製造業の技術伝承のためのソリューションとしてのM&A--技術を伝承し、日本のお家芸である物造りサプライチェーンを継続維持するための中小企業流M&Aの提案--
  • 車いす利用者の情報探索行動および購買行動に関する研究
  • 「極小国家の成功戦略と新興エアラインの成長戦略」
  • 「オートバイビジネスの将来とその展望」「脱小売とサービス化のその先に愉快なオートバイショップをめざして」
  • 京都老舗企業のCSR〜永続的な成長の原点を求めて〜
  • 介護・福祉のサポートネットワークの構築〜地域で老いを支えられるか〜
  • サービス価値創造の為の組織内リスクコミュニケーション
  • 職務特性、役割行動と社会的支援がストレス反応に及ぼす影響の世代間比較−変化の中の大学図書館員−
  • 日本清涼市場における新商品開発研究−米・玄米を原料にした新ジャンル飲料の日本飲料市場におけるコンセプト提案−
  • 個人とかかりつけ医を結ぶ健康・医療サービスの構築〜目指すは、患者本位の真のかかりつけ医の復活時代〜
  • サービス・マーケティングに立脚した生命保険営業の本質〜 顧客中心主義で「売る」生保から「選ばれる」生保へ 〜
  • アパレル業界の現状と「バイヤー」の役割━消費者需要の変化に対応する「バイヤー」の新たな能力━
  • バイアウトファンドの役割と機能の考察〜既存銀行との共存と信頼関係構築に向けた提言〜
  • ローカライズ化のなかで試されるプライベート・エクイティ・ファームの日本企業社会や経済への貢献−日米の行動様式等の比較から−
  • 不確実な環境下での評価・意思決定について−思考する組織・人への蘇生−
  • 京都観光 新たな交通サービス構築にむけて-- タクシー会社の視点から --
  • プロフェッショナルとしての働き方--インディペンデント・コントラクターの課題と可能性--
  • NPOによる真の公共サービス提供の可能性--信頼されるNPOの普及と地域コミュニティ活性化の実現に向けて--
  • 薬局ビジネス 今後の展望〜専門性追求型ドラッグストアへの戦略提案〜
  • 心理ベネフィット創造によるブランド構築--顧客の価値観を満たす冷凍パン生地とは--
  • IT利用分野における経営支援サービス事業の収益化モデル〜IT市場における課題と対策〜
  • 急速に拡大・成長する企業における企業理念浸透への対応
  • サロンブランディングを用いた美容室囲い込み戦略
  • AV機器専業メーカー3社の事業統合による高収益ビジネスモデルの創造−事業統合によるブランド・シナジー最大化に関する検証分析−
  • ガラス魔法瓶産業、最後の活性化策〜中近東市場への新製品投入の提案〜
  • 伝統産業再生ファンドによる粟田焼・京薩摩の復興
  • 企業経営におけるIR活動の役割−情報の非対称性と企業価値について−
  • 携帯電話の新コンセプト開発〜グローバル競争へのファーストステップとして〜
  • 伝統料理産業の革新に向けて
  • 技術価値評価による研究開発活動の効率化− 島津製作所医用機器事業の経営課題から −
  • 中小企業の第二創業の成功要因と企業の内部能力−VRIOモデルによる実証分析−
  • コーポレート・ブランド向上のためのCIの役割-- CIプランニングを通しての実証分析 --
  • 廃棄物処理業界におけるマーケティング戦略-新サービスの導入意向度測定と顧客ニーズ分析を通じて-
  • 「実効性あるコーポレートガバナンスが機能する経営機構」〜委員会設置会社を実効性ある経営機構にするために〜
  • 子供(小学生)用携帯電話市場におけるNTTドコモのコンセプト開発--商品・ブランド開発の手法を通じての戦略・戦術の確認--
  • MBA職人伝統的職人からクリエイティブ・クラスへ
  • 「他社とのコラボレーションを可能とする組織の創造」〜投資ファンドの視点を持つ事業会社への展望〜
  • 家庭用清掃用品の消費者ニーズ調査とドラッグストアに対する営業提案

同志社大学大学院ビジネス研究科は、
(財)大学基準協会の経営系専門職大学院基準に適合していると認定されています。
認証評価結果
大学認証評価
.