こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. ビジネス研究科ホーム
  2.  > 教員紹介
  3.  > 飯塚 まり

飯塚 まり

教授:飯塚 まり(いいづか まり)

ビジネススクールは社会を切り開くリーダーを作る場所。そういう志のある人を、ぜひ真のグローバル経営人材に育てて、羽ばたかせたい。
最新の脳科学の知見では、ヒトの脳は瞑想等のメンタルエクササイズによって変化し、より自分も他人も幸せにする脳を作ることが可能とされています。その意識の変革が個人のハピネスや組織変革、グローバル社会の問題解決に貢献するということが、2014年のダボス会議、2015年の国連機関等で論じられ、国連の幸福度指標作成にも脳科学者が入る時代になっています。 授業はグローバル化した社会で充実した人生を送るための、あなたの「外への旅」と「内への旅」の始まりだと考えてください。 上記を念頭に、 私の授業では、以下を試みます。
1. ビジネスとグローバル社会の関係を常に意識しグローバルな問題を提議。
2. ポジティブ心理学(ハピネス研究)やマインドフルネス瞑想などの様々な心理学のワーク。
3. ハーバードなどケースメソッド派ビジネススクールの「学生が中心」の学習スタイルを踏襲。
4. 陳腐化する「知識」ではなく、考える力Critical Thinkingや自己認識力の醸成に注意を払う。
5. できるだけ、グローバルMBAの学生との交流を積極的に推進してグローバル対応能力を醸成する。
なお、2016年から同志社大学Well-being リサーチセンター、および、日本グローバルコンパクト・アカデミックネットワーク(国連の主導するグローバル社会の中での責任ある企業活動推進)の活動を行っています。学生、卒業生の皆様、ぜひ積極的にご参加ください。ビジネススクールや大学を超えたネットワークの構築が、将来への大きな資産になりますよ。
近藤 まり(こんどう まり)

担当科目

ビジネス専攻
  • グローバル経営人材開発
グローバル経営研究専攻
  • Business and Society in the Global Context
  • Responsible Leadership in the Global Context
  • Strategic Management
  • Understanding Japanese Corporations
  • Critical and Analytical Thinking
  • Master Thesis and Research ProjectⅠ
  • Master Thesis and Research ProjectⅡ
  • Master Thesis and Research ProjectⅢ

専門分野

  • グローバル経営人材
  • 国際経営戦略(含 グローバルイシューと経営戦略)
  • 新興国の経営と組織
  • 心理学(マインドフルネス等)と経営

履歴等

同志社大学(心理学)、スタンフォード大学MBA、MA(開発経済)、京都大学Ph.D.
外資系企業から、世界銀行 (ワシントンDC)、アジア経営大学院、立命館アジア太平洋大学を経て現職。INSEAD(仏)他、客員研究員。アジア各国での経営者トップセミナーを始めとして、多国籍企業や50カ国以上出身のMBAを対象とした豊富な教育経験を有する。米国NLP協会準トレーナー。グーグル発のマインドフルネスリーダーシップ(サーチ・インサイド・ユアセルフ)の公式トレーナー。日本能率協会Kaika Awards 審査委員。日本グローバルコンパクト・アカデミックネットワーク(J-GCAN)会長。同志社大学Well-beingリサーチセンター センター長。
同志社大学大学院ビジネス研究科は、
(財)大学基準協会の経営系専門職大学院基準に適合していると認定されています。
認証評価結果
大学認証評価
.