こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. ビジネス研究科ホーム
  2.  > 教員紹介
  3.  > 松本 茂

准教授:松本 茂(まつもと しげる)

これまで、M&Aアドバイザーとして、20ケ国、50を超える海外企業の買収に携わり、交渉のテーブルで国内外のマネジメントの方々と接してきました。そこで分かったことは、経営判断を下す最後のタイミングで問われるのは、企業の大きさではなく、マネジメント個々が持ち合わせている素養と経験の多寡だということです。
ビジネススクールは、将来、経営者として活躍することを思い描きながら、自ら素養を高め、ケーススタディを通じ机上で経験を積む場です。私の講義では、会社の現場から離れた皆さんが「個」として自ら研鑽できるよう工夫しています。
ビジネススクールのもうひとつの醍醐味は、企業経営をアカデミックなアプローチで掘り下げる面白さに出会うことです。私自身もその楽しさに惹かれたひとりで、仕事の傍ら企業買収の成否を研究し博士を修めました。刻々と進化するグローバルビジネスを探究する楽しさに気付いてもらうことも自分の役割と考えています。
松本 茂(まつもと しげる)

担当科目

ビジネス専攻
  • M&A戦略

グローバル経営研究専攻
  • Accounting
  • Business Analysis and Valuation
  • Strategic Cost Management
  • Environmental Accounting
  • Critical and Analytical Thinking
  • Master Thesis and Research ProjectⅠ
  • Master Thesis and Research ProjectⅡ
  • Master Thesis and Research ProjectⅢ

専門分野

  • 財務分析
  • 企業買収
  • コーポレートファイナンス
  • プロジェクトファインナンス

履歴等

神戸大学大学院経営学研究科博士課程修了 経営学博士
THUNDERBIRD Graduate School of Management MBA(米国政府フルブライトプログラム)
大阪府企業局に勤務後、プラスウォーターハウスクーパース、デレクター、
HSBC(The Hong Kong Shanghai Banking Corporation)投資銀行本部長、
SCS Global取締役などを経て現職。これまでM&Aアドバイザリー業務に15年携わる。
2015年、著書「海外企業買収 失敗の本質 戦略的アプローチ」(東洋経済新報社)で
第9回M&Aフォーラム正賞を受賞。

著書・論文等

「海外企業買収 失敗の本質 戦略的アプローチ」 - 東洋経済新報社(2014)
「なぜ日本企業は海外M&Aで失敗するのか」 ビジネスインサイト(2015)
「企業買収の収支勘定」 国民経済雑誌 213巻3号(2016)
「海外M&Aはどうすれば成功するのか」 - 週刊東洋経済 2014年6月7日号
「海外M&A 5つの罠」 - 週刊東洋経済 2014年6月7日号

同志社大学大学院ビジネス研究科は、
(財)大学基準協会の経営系専門職大学院基準に適合していると認定されています。
認証評価結果
大学認証評価
.