こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. ビジネス研究科ホーム
  2.  > 同志社大学大学院ビジネス研究科プロジェクトサイト
  3.  > オムロン基金研究プロジェクト(伝統産業グローバル革新塾)

オムロン基金研究プロジェクト(2010年度〜2011年度)

伝統産業グローバル革新塾

伝統産業グローバル革新塾

研究目的

「伝統産業グローバル革新塾」 (「革新塾」)は、2007年度に文部科学省の助成金を受けて始められたプロジェクトで、京都の伝統産業の若手経営者へのビジネス教育を通じて、次世代を担える伝統産業の経営者を育成し、これにより、京都の伝統産業を活性化させようとする目的を持つ。 当プロジェクトは、教育のステージから実践のステージに移行し、2009年度からはオムロン基金の助成を受け、京都の伝統産業のグローバル化をめざして、2009年11月にはパリで「京都の赤展」を開催した。また、当プロジェクトは、海外展開をめざした「パリ班」に加えて、 宇宙航空研究開発機構(JAXA)と協力して、伝統産業の活性化の取り組みを行う「宇宙班」も展開しているが、こちらは、異業種とのコラボレーションにより、伝統産業を活性化する目的を持つ。 「革新塾」は、「パリ班」と「宇宙班」の両方面からの展開により、京都の伝統産業を活性化させる産学連携プロジェクトであり、オムロン基金プロジェクトの(7)京都及び関西地域における産学連携、地域活性化等の推進、をめざしたプロジェクトである。

*
申請書 [PDF 2.5MB]
*
最終報告書 [PDF 2.1MB]
*
年度別総額の支出金額
2010年度:2,607,357円
2011年度:5,986,171円
同志社大学大学院ビジネス研究科は、
(財)大学基準協会の経営系専門職大学院基準に適合していると認定されています。
認証評価結果
大学認証評価
.