こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. ビジネス研究科ホーム
  2.  > 同志社大学大学院ビジネス研究科プロジェクトサイト
  3.  > オムロン基金研究プロジェクト(大学発ベンチャー「京都カスタマイズ」の育成)

オムロン基金研究プロジェクト(2012年度)

大学発ベンチャー「京都カスタマイズ」の育成

研究目的

本プロジェクトのリーダー、村山裕三は2007年度に文部科学省の支援を受けて始められ、その後オムロン基金の助成を受けた「伝統産業グローバル革新塾」(「革新塾」)の塾長を務め、このプロジェクトを5年間にわたり主導してきた。「革新塾」の目的は、京都の伝統産業の若手経営者へのビジネス教育を通じて、次世代を担える伝統産業の経営者を育成し、これにより、京都の伝統産業を活性化させる点にあり、パリと東京での「京都の赤展」、京都・清水寺での「つたえる展」などの数々の実績を残した。この「革新塾」は5年の節目を迎え、その成果を「伝統産業から文化ビジネスへ:「伝統産業グローバル革新塾の5年間」(マリア書房、2012年2月発売予定)として取りまとめ、このプロジェクトに一つの区切りを付けた。

この「革新塾」を進める中で有望なビジネスの可能性として出てきたのが、「京都カスタマイズ」である。これは、企業向けにカスタム化したノベルティやギフト商品を開発し、伝統産業の技と素材を活かすことにより、今までになかった企業向け商品を開発しようとする試みである。2011年3月より、ウエッブを使ってビジネスを始めたところ、多くのオーダーが入り、まだ成約に至ったものはないものの、ビジネスの潜在性を感じられる展開となっている。

今回申請のプロジェクトでは、この「京都カスタマイズ」の経験と実績を踏まえて、これを大学発ベンチャーとして育成する方向に展開する。そして、この「京都カスタマイズ」を2013-14年をめどに大学の支援から切り離し、大学発ベンチャーとして自立経営のステージに移行させる。このために、ビジネスの体制作り、ウエッブでのビジネス展開の基礎作りなどの準備作業を行うのが、本プロジェクトの目的となる。

本プロジェクトは、京都の伝統産業から新たな文化ビジネスのベンチャー企業を生み出す試みであり、オムロン株式会社からの本基金の寄付の目的である「創業者の遺志として受け継いできた後続ベンチャー企業家の育成と産学連携の一層の強化を図る」という目的に合致すると考える。より具体的には、オムロン基金プロジェクトの(7)京都及び関西地域における産学連携、地域活性化等の推進、に合致したプロジェクトとなる。

*
申請書 [PDF 193KB]
*
最終報告書 [PDF 213KB]
*
支出金額
4,999,920円
同志社大学大学院ビジネス研究科は、
(財)大学基準協会の経営系専門職大学院基準に適合していると認定されています。
認証評価結果
大学認証評価
.