こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. ビジネス研究科ホーム
  2.  > 同志社大学大学院ビジネス研究科プロジェクトサイト
  3.  > オムロン基金研究プロジェクト(「友禅宇宙キモノ」による伝統産業の新たな地平の創出)

オムロン基金研究プロジェクト(2013年度)

「友禅宇宙キモノ」による伝統産業の新たな地平の創出

研究目的

「伝統産業グローバル革新塾」(「革新塾」)は、2007年度に文部科学省の助成金を受けて始められたプロジェクトで、京都の伝統産業の若手経営者へのビジネス教育を通じて、次世代を担える伝統産業の経営者を育成し、これにより、京都の伝統産業を活性化させようとする目的を持って発足した。「革新塾」は、京都の伝統産業を活性化させる産学連携プロジェクトであり、オムロン基金プロジェクトの(7)京都及び関西地域における産学連携、地域活性化等の推進、をめざしたプロジェクトである。
当プロジェクトは、2009年度からはオムロン基金の助成を受け、京都の伝統産業のグローバル化をめざして、2009年11月にはパリで「京都の赤展」を開催するなど、内外で様々な活動を企画、実施した(2007-2012年における「革新塾」の活動については、『伝統産業から文化ビジネスへ:「伝統産業グローバル革新塾」の5年間』(マリア書房、2012年)を参照)。そして、2013年3月末に、「革新塾」メンバーを中心にして「株式会社COS KYOTO」を大学発ベンチャー企業として設立するまでに至った。
一方、当プロジェクトは、2007年より、宇宙航空研究開発機構(JAXA)とコラボレーションを行い、伝統産業の活性化の取り組みを行ってきた。ここでは、宇宙と京都の伝統産業のコラボレーションの意義に関する研究とともに、宇宙素材を使った製品開発を行い、お守り「アミュレット」などのヒット商品も生み出した(「革新塾」の宇宙分野における取り組みについては、『伝統産業から文化ビジネスへ』第4章を参照)。
「革新塾」の宇宙プロジェクトは、2010年3月に正式にJAXAの文化・人文科学利用パイロットミッションに採択された。これは、「「赤色」でつなぐ宇宙と伝統文化」と題されたプロジェクトで、友禅染の桜の花びらを無重力の宇宙空間で飛翔させ、これを3Dカメラで撮影して記録し、これを新たな伝統産業のデザイン素材とする試みである。この実験は、2012年2月2日に国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」の船内で実施され、宇宙に漂う桜吹雪の3D撮影に成功した(この取り組みの詳細については「京の伝統に新風を吹き込む「きぼう」に舞う桜吹雪」(『JAZA'S』2012年11月号、を参照)。そして、この映像をベースにした友禅着物の基礎デザインが作成された。
申請プロジェクトは、この基礎デザインを使って、宇宙桜吹雪の友禅キモノを完成させて広く社会に発信し、京都の伝統産業の新たな地平を示すとともに、低迷する業界に刺激を与え、その活性化の一助とする目的を持つ。

*
申請書 [PDF 194KB]
同志社大学大学院ビジネス研究科は、
(財)大学基準協会の経営系専門職大学院基準に適合していると認定されています。
認証評価結果
大学認証評価
.