こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. ビジネス研究科ホーム
  2.  > 研究紹介
  3.  > 主な出版物一覧

主な出版物一覧

浜 矩子

  • 『月刊版 Voice 8月号(雑誌)』(PHP研究所、2009年、執筆)
  • 『月刊版 Voice 6月号(雑誌)』(PHP研究所、2009年、執筆)
  • 『2009-2019年 大恐慌 失われる10年』(フォレスト出版、2009年、共著)
  • 『スラム化する日本経済 4分極化する労働者たち』(講談社+α新書、2009年、単著)
  • 『グローバル恐慌--金融暴走時代の果てに』(岩波書店、2009年、単著)
  • 『あらすじで読む日本経済』(PHP研究所、2005年、共著)
  • 『日本経済再生の条件』(筑摩書房、2003年、共著)
  • 『奇跡の繁栄はなぜ失われたか−物語・日本経済50年史−』(PHP研究所、2001年、共著)
  • 『経済は地球をまわる−エコノミストの見方・考え方−』(筑摩書房、2001年)
  • 『ユーロランドの経済学−政治の思惑,通貨の力学−』(PHP研究所、2001年)
  • 『The Xenophobe's Guide to the Japanese. 』
    (Oval Books, 1999, with Sahoko Kaji and Jonathan Rice.)
  • 『ネクタイを締めた海賊たち−「元気なイギリス」の謎を解く−』(日本経済新聞社、1998年)
  • 『Disintegrating Europe-The Twilight of the European. 』(Union-, Adamantine Press Ltd. 1996)
  • 『最新EU経済入門−迷走するマーストリヒト後の欧州−』(日本評論社、1995年)
  • 『分裂する欧州経済−EU崩壊の構図−』(日本経済新聞社、1994年)
  • 『ドルは甦るか−ドル興亡史に何をみるか−』(日本評論社、1992年、共著)
  • 『ニクソン・ショックからプラザ合意まで−ドル体制崩壊下のアメリカ経済と政策展開』
    (三菱経済研究所、1989年)
  • 『ヘビーデューティーの経済学』(平凡社、1986年、共著)

加登 豊

  • 広本敏郎・加登豊・岡野浩責任編集『日本企業の管理会計システム』
    (体系現代会計学第12巻、中央経済社、2012年11月)。
  • 加登豊・山本浩二『原価計算の知識(第2版)』(日本経済新聞出版社、2012年9月)。
  • 神戸大学経済経営学会編『ハンドブック経営学』ミネルヴァ書房、2011年。
  • 加登豊・李建『ケースブック コストマネジメント(第二版)』新世社、2011年。
  • 加登豊・松尾貴巳・梶原武久編著『管理会計研究のフロンティア』中央経済社、2010年。
  • 加登豊編著『インサイト原価計算』中央経済社、2008年。
  • 加登豊編著『インサイト管理会計』中央経済社、2008年。
  • 加登豊著『管理会計入門』日本経済新聞社、1999年。
  • 加登豊著『原価企画-戦略的コストマネジメント』日本経済新聞社、1993年。
  • 加登豊著『管理会計研究の系譜-計量的意思決定モデルから意思決定支援システムへ』
    税務経理教会、1989年。

その他多数。

北 寿郎

  • Advances in the Human Side of Service Engineering, CRC Press (2012) pp.27-36
  • ビジネスモデル論 ― 持続的成長のビジネス設計図 ― ビジネスモデル学会 2011
  • ケースブック 京都モデル そのダイナミズムとイノベーションマネジメント 白糖書房 2009
  • The Perspective on MOT in Japan 2006
  • 情報流通を支えるコミュニケーション科学 電気通信協会 2001

児玉 俊洋


藏本 一也

  • 『有事対応コミュニケーション力 (生きる技術!叢書)』(2011年、共著)
  • 『お客様相談室」日本能率協会マネジメントセンター』(2011年 、共著)

村山 裕三

  • 『京都型ビジネス−独創と継続の経営術』(単著、NHKブックス、2008年)
  • 『アメリカ経済論』(共著、ミネルヴァ書房、2004年)
  • 『経済安全保障を考える:海洋国家日本の選択』(NHK出版、2003年)
  • 『テクノシステム転換の戦略:産官学連携への道筋』(NHK出版、2000年)
  • 『アメリカの経済安全保障戦略:軍事偏重からの転換と日米摩擦』(PHP研究所、1996年)
  • 『伝統産業から文化ビジネスへ』(マリア書房、2012年)

大久保 隆

  • (単著)「マネーサプライと金融政策 理論と実証」 東洋経済新報社 1983年

Gustavo A.Tanaka

  • Analysis of Financial Statements for Decision Making
    (published in Spanish by the Pontifical Catholic University of Peru, 2001)
  • The Influence of Cultural, Legal and Political,Economic and Financial Factors on the Accounting System: Peruvian Case, *Studies in Business and Accounting*. Vol.7, September 2013, pp.25-45.
  • The Movements toward the Convergence of Accounting Standards in Peru, *International Review of Business*, No. 14, March 2014,pp. pp.25-59.

Timothy Craig

  • Tim Craig. Translation: Basic Business Principles, Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. 1985.
  • Tim Craig. Case: “The Japanese Brewing Industry.” In Charles W.L. Hill and Gareth R. Jones, Strategic Management: An Integrated Approach, 3rd Edition. Boston: Houghton Mifflin Company, 1994.
  • Tim Craig. Case: “Asahi Breweries, Ltd.” In Charles W.L. Hill and Gareth R. Jones, Strategic Management: An Integrated Approach, 3rd Edition. Boston: Houghton Mifflin Company, 1994.
  • Tim Craig. “Location Decision and Implementation Issues in Production and Non-Production FDI: The Case of Matsushita Electric Industrial Co., Ltd.,” Academy of Management Best Paper Proceedings, August 1995.
  • Tim Craig. “Achieving Innovation and Change through Bureaucracy: Lessons from the Japanese Brewing Industry,” California Management Review, 38, 1, Fall 1995.
  • Tim Craig. “Country Competitiveness in the Information Age: A Content Comparison of Canadian and Japanese Daily Newspapers,” Japanese Society, 1, 1996.
  • Tim Craig. “The Pendular Organization: A Dynamic Approach to Complex Centralization-Decentralization and Knowledge Sharing Pressures,” Best Paper Proceedings of the 1996 Annual Meeting of the Association of Japanese Business Studies, 1996.
  • Tim Craig. “The Japanese Beer Wars: Initiating and Responding to Hypercompetition in New Product Development,” Organization Science, 7, 3 (May-June), 1996.
  • Tim Craig. “Location and Implementation Issues in Support Function FDI: The Globalisation of Matsushita Electric Industrial Co., Ltd.," Asia Pacific Journal of Management, 14, 1997.
  • Tim Craig, Editor. Book: Japan Pop! Inside the World of Japanese Popular Culture. New York: M.E. Sharpe, 2000.
  • Nailin Bu, Timothy J. Craig, and T.K. Peng, “Reactions to Authority,” Thunderbird International Business Review, 43, 6 (November-December), 2001.
  • Nailin Bu, Timothy J. Craig, and T.K. Peng, “Acceptance of Supervisory Direction in Typical Workplace Situations: A Comparison of US, Taiwanese, and PRC Employees,” International Journal of Cross-Cultural Management, 1, 2 (April), 2001.
  • Nailin Bu, T.K. Peng, and Timothy J. Craig, “Employee Reactions to Supervisory Direction in Four Types of Firms in Taiwan: The Effects of Company Policy, Peer Consensus, and Independent Assessment,” Asia-Pacific Journal of Management, 18, 1 (March), 2001.
  • Tim Craig, “E-commerce” (pp. 124-127), “Soichiro Honda” (180-181), “Kirin Brewery” (266-267), “Konosuke Matsushita” (295-298), “Nihonteki Keiei [Japanese-style Management]” (332-335), “Post-Second World War Recovery” (363-366), “7-11 Japan” (399-400), and “Sharp” (401), in The Encyclopedia of Japanese Business and Management, edited by Allan Bird. New York: Routledge, 2002.
  • Timothy J. Craig and Richard King, Editors. Book: Global Goes Local: Popular Culture in Asia. Vancouver, BC: University of British Columbia Press, 2002. (Co-published by University of Hawaii Press and University of Hong Kong Press.)
  • Sang Hoon Nam and Tim Craig, “Foreign Direct Investment by Korean Firms: Profile, Theory, and Implementation,” Journal of International Business and Economy, 3, 1 (Fall), 2002.
  • Nailin Bu, T.K. Peng, and Timothy J. Craig, “Abstract Questions vs. Vignettes: Exploring Response Biases in Cross-Cultural Management Studies Involving PRC, Taiwanese and U.S. Respondents,” Pan Pacific Management Review, 2003.
  • Tim Craig, “Simple Daily Business English Communication and Negotiation,” Textbook for Intensive Business English Course, Osaka Chamber of Commerce and Industry, February 2007.
  • Tim Craig. Book chapter: “Live to Work or Work to Live: The Search for Work-life Balance in 21st Century Japan.” In Ways of Living: Work, Community, Organizations and Lifestyle Choice, edited by Paul Blyton, Betsy Blunsdon, Ali Dastmalchian, and Ken Reed. London: Palgrave Macmillan, 2009.

同志社大学大学院ビジネス研究科は、
(財)大学基準協会の経営系専門職大学院基準に適合していると認定されています。
認証評価結果
大学認証評価
.