こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. ビジネス研究科ホーム
  2.  > 研究科概要
  3.  > 研究の目的と人材養成の指針

研究の目的と人材養成の指針

ビジネス専攻

アドミッション・ポリシー

ビジネス研究科ビジネス専攻は、国際主義と良心主義という同志社大学の建学の理念に基づき、変化する社会と経済に的確に対応できる能力を持ち、企業や組織の持続的な発展のための戦略を策定、実行し、それを成功に結び付ける実力を持つビジネスパーソンを養成することを目的としています。そのために、次のような学生を求めています。
ビジネス研究科ビジネス専攻の求める学生像
  1. 多様で広い視野を持ち、経済のグローバル化や技術革新・地球環境問題において積極的にビジネス分野で活躍をめざす学生。
  2. 中小企業の起業・成長・継承をめざす学生、あるいは、地域の経済・社会の発展に貢献する意欲を持つ学生。
  3. イノベーションに取り組み、単なる「ものづくり」企業からの脱皮と、市場のグローバル化、製品等のコモディティ化に対応しうるマネジメントのあり方に解をみつけようとする高い意欲を有する学生。
  4. マーケティングの分野で専門的な知識を獲得し、企業や組織の発展に寄与する意欲を持つ学生。
  5. 会計・ファイナンスの分野で専門的な知識を獲得し、社会、経済、企業の発展に寄与しようとする学生。
  6. 企業を取り巻くビジネス環境の現状と今後の動向に関心を持つとともに、ビジネス環境に関する知識を駆使して、社会、経済、企業の発展に貢献することをめざす学生。
  7. 特定の専門領域にとらわれず、組織マネジメント、人的資源管理、経営戦略等に関する総合的な知識を活かして、経営のさらなる高度化を図ることを企図している経営者、あるいは、次世代経営者としての職にある学生。

ディプロマ・ポリシー

  • 変化の激しい現代企業が抱える様々な課題を的確かつダイナミックに対応できる経営知識が理解できるようになる。
  • 国際主義、良心主義を尊重し、企業経営を常に社会とのかかわりにおいて考え、知識を有効に活用できるようになる。
  • 変化の激しい中、企業や組織の持続的成長をもたらす経営戦略を策定し、それらを効果的に実行できるようになる。

カリキュラム・ポリシー

  • 変化の激しい現代企業が抱える様々な課題に対応する人物を育成するために、共通科目A、共通科目Bおよび専門科目群を設置する。多様な経歴、目的に対応するために、個々の学生に対しては個別の履修指導によりそれぞれのキャリアデザインに即した履修計画を策定する。また、課題への的確かつダイナミックな対応能力を身に付け、実践的経営能力を育成するために、議論に重点を置いた授業形式を採用し、問題解決型の能力を養成する。
  • 共通科目Aは、6つの専門分野それぞれにおける基礎科目である。MBAとして不可欠な知識を獲得するために、自らの専門分野外の科目についても、学業歴、職業歴等を踏まえたうえでできるだけ受講することが望ましい。共通科目Aは、1年次の春学期前半・後半、秋学期前半に配置されており、多くの科目は土曜日に開講される。
  • 共通科目Bは、6つの専門分野の基礎科目の知識をさらに発展させる科目である。共通科目Bは、春学期後半、秋学期前半・後半に配置される。これらの科目は、平日夜間の今出川教室・大阪教室、あるいは土曜日昼間の今出川教室で開講される。
  • 専門科目は時代に即応した持続的成長を実現できるビジネスパーソンを育成するために幅広い専門分野について必要な科目を設置する。専門分野は「中小企業・地域経営」、「イノベーション」、「マーケティング」、「会計・ファイナンス」、「ビジネス環境分析」、「ゼネラルマネジメント」の6分野に分類されている。専門科目は、年間を通じて配置される。これらの科目は、平日夜間の今出川教室・大阪教室、あるいは土曜日昼間の今出川教室で開講される。
  • 「中小企業・地域経営」分野には、中小企業、ファミリービジネス等の経営、あるいは企業継承を目的とした専門性の修得を目的とした科目を設置。
  • 「イノベーション」分野には、企業のCTO等を展望した人材を育成するためにMOTの専門性を高めることを目的とした科目を設置。
  • 「マーケティング」分野には、幅広いマーケティング業務に従事できる専門性を育成するための科目を設置。
  • 「会計・ファイナンス」分野には、企業のCFO等を展望した人材を育成するために、財務関連の専門性を高める科目を設置。
  • 「ビジネス環境分析」分野には、外部環境の分析から経営戦略に活かす専門性を高める科目を設置。
  • 「ゼネラルマネジメント」分野には、組織や組織間でのマネジメントに活かす専門性を高める科目を設置。

グローバル経営研究専攻

人材養成目的

ビジネス研究科グローバル経営研究専攻修士課程は、グローバル化の中で社会的使命を持ち、サステナビリティとグリーンビジネス、文化と創造性ビジネス、アジアビジネスへの理解と研究を通して、国際ビジネスリーダーとして必要な視点や能力を身に付けて、日本と母国の経済発展を支える人物の養成を目的とする。

アドミッション・ポリシー

ビジネス研究科グローバル経営研究専攻は、同志社の建学の精神である良心教育を基礎に、主に外国人留学生と英語で修士学位取得を目指す実務経験のある日本人学生を対象に、世界レベルのマネジメント教育を実施します。人種、国籍、文化、性別、年齢に関わらず、世界的視野と行動力を持ち、将来、日本、アジア、世界で広く活躍し、国際社会のリーダーになり得る学生の確保に努めます。具体的には、グローバル化の進む社会の持続的な発展を願い、企業や組織の発展のための戦略を策定、実行し、それを成功に結び付ける実力を持つ国際ビジネスリーダーになる意欲と資質のある学生を求めています。
ビジネス研究科グローバル経営研究専攻の求める学生像
  1. 人種、国籍、文化、性別、年齢に関わらず、日本において英語で修士学位取得を希望する留学生および日本人学生。
  2. 修了後、日本、外国を問わず企業や団体で働き、あるいは自ら起業を試み、それらの活動を介して経済と社会の発展にイニシアティブを発揮できる学生。
  3. 世界的視野と行動力を持ち、アジアや世界における人々の相互理解を促す資質を持つ学生。
  4. グローバル化の進む社会の持続的な発展を願い、経営の知識を持ち、サステナビリティやグリーンビジネス、文化と創造性ビジネス、アジアビジネス等の領域でリーダーシップを発揮できる学生。

ディプロマ・ポリシー

知識
グローバル化の中で、国際ビジネスリーダーとして様々な課題に対応できる経営知識が理解できるようになる。
態度
グローバル化の中で、社会的使命を持ち、日本と母国の経済発展を支える知識を有効に活用できるようになる。
技能
グローバル化の中で、国際ビジネスリーダーとしてコミュニケーション力や分析力を通して国際的に活躍できるようになる。

カリキュラム・ポリシー

  • グローバル化の中で、経営の基礎知識を習得するばかりでなく、サステナビリティとグリーンビジネス、文化と創造性ビジネス、アジアビジネスへの理解を持ち、社会的使命を持つ国際ビジネスリーダーとして日本と世界を結んで活躍することができる人物を育成するために、必修科目、選択基礎科目群、グローバル・インテンシブ科目群、選択応用科目群及び研究成果(リサーチプロジェクト)又は修士論文によって構成されるカリキュラムを設置する。
  • 必修科目は、客観的・分析的に経営現象・事象を探求する態度を養うことを到達目標とする導入科目の「Critical and Analytical Thinking」及びサステナビリティとグリーンビジネス、文化と創造性ビジネス、アジアビジネスのいずれか又は複合したテーマの研究(例えばアジアの環境マネジメント比較等)をまとめるリサーチプロジェクトレポート又は修士論文の指導を行うための「Master Thesis and Research Project Ⅰ~Ⅲ」からなり、1年次前半から2年次にかけて演習科目8単位を履修する。
  • 選択基礎科目群は、マネジメントの基礎知識及びグローバル化する社会に貢献する見識や実践力を習得することを到達目標とし、グローバル経営の基礎的知識やスキルに関する「Foundation subjects」とグローバル経営の社会的視点や見識に関する「Perspectives subjects」の科目群からなり、1年次に16単位以上を履修する。
  • グローバル・インテンシブ科目群は、最先端の経営知識を習得することを到達目標とし、1年次の後半から2年次にかけて2単位以上を履修する。
  • 選択応用科目群は、国際ビジネスリーダーとして高度のマネジメント能力を身に付け、サステナビリティとグリーンビジネス、文化と創造性ビジネス、アジアビジネスへの理解を養うことを到達目標とし、「Sustainability and Green Business」、「Culture and Creativity」、「Business in Asia」及び「Advanced Management」の科目群からなり、1年次の後半から2年次にかけて16単位以上を履修する。

同志社大学大学院ビジネス研究科は、
(財)大学基準協会の経営系専門職大学院基準に適合していると認定されています。
認証評価結果
大学認証評価
.