こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. ビジネス研究科ホーム
  2.  > 同志社大学大学院ビジネス研究科プロジェクトサイト
  3.  > オムロン基金研究プロジェクト(価値共創型 地域・組織活性化プロジェクト:本プロジェクトの構成)

オムロン基金研究プロジェクト(2010年度〜2011年度)

価値共創型 地域・組織活性化プロジェクト
(日本マーケティングサイエンス学会サービスマーケティング部会協賛)

本プロジェクトの構成

本プロジェクトは以下の構成で行われる。

1.膨大なメタデータの収集(ライフログの収集)

目覚ましいITの進化により、膨大なデータを蓄積・処理・分析できるようになった。従来より企業が蓄積している膨大な購買データ、サービス利用データ、苦情・要望・問い合わせなどのテキストデータのみでなく、顧客の発信する画像・音声・動画、また行動を自動的にトラッキングするGPS、Wi-Fiなどの技術を利用した行動データなど、新しい種類のデータの収集が可能となっている。これらのデータは人間の生活行動全般(ライフ)をデジタルデータ(ログ)として保管するという意味で「ライフログ」とも呼ばれ、ライフログを統合的に分析することで、消費者の本当の姿が浮かび上がり、きめ細かな製品開発やサービスの提供が可能となり、生活の質を向上させる力を持つと考えられている。しかしながら、この研究には複数の企業の協力とデータ収集のための多額の費用が必要であり、研究が進まない現状がある。本研究では上記のような様々なメタデータ、すなわち「ライフログ」を繋ぎ合わせ、人間の生活行動全般を再現し、その分析から新たな価値を創造する手法を開発する。

2.膨大なメタデータの活用(ライフログの活用)

① ネットワーク型価値共創による組織活性化
本研究はライフログを収集後、ネットワークを活用して組織やビジネスの活性化を図るものである。具体的には以下の2つのプロジェクトが行われる。
  • 京都府との提携により府保有の複数の施設、地域の企業や住民との広域ネットワークを構築することにより、公的施設ひいては地域の活性化を促す手法を開発する。
  • プロジェクトの第二段階では、経営難に陥っている企業を対象に、財務リストラでは解決しないビジネス再生を企業間ネットワークの構築、バリューチェーンの再構成を図ることで、価値共創する手法を開発する。

② サービス・エンカウンターの『距離感最適化』による価値共創
サービスは人が存在するサービス・エンカウンターで生産・消費される。これまで経験と勘の世界であったサービス・エンカウンターで、顧客と従業員の「距離感」を明確に定義し、その品質を明文化・視覚化して組織的に共有する。具体的には、京都のホテルにおいて、ライフログのひとつである顧客と従業員の接点での画像・音声・視線・生理現象(脈拍・発汗等)など多面的に測定し、要因分析を行い、可視化することによって習得可能な知識として確立する。
同志社大学大学院ビジネス研究科は、
(財)大学基準協会の経営系専門職大学院基準に適合していると認定されています。
認証評価結果
大学認証評価
.