同志社大学大学院 ビジネス研究科

教授:殷 勇(いん ゆう)

殷 勇(いん ゆう)
ものづくり経営について、実践の最高峰はトヨタのような日本企業ですが、学術研究の最先端はウォートンのような米国ビジネススクールです。日本企業が「現場は強いが会社は儲からない」と言われています。私の科目では、最先端の米国分析手法を駆使して、日本企業の経営システムを解析します。特にものづくり製造業およびサービス業において、利益に結びつく経営システムの構築法を探る授業を行っていきます。

担当科目

グローバル経営研究専攻
  • Operations Management
  • Foundations for Sustainable management
  • Operations Management in Asia
  • National and Regional System of Technology and Innovation
  • Statistics
  • Critical and Analytical Thinking
  • Master Thesis and Research ProjectⅠ・Ⅱ・Ⅲ

専門分野

  • 持続可能な生産システム
  • ものづくり経営学
  • 経営定量分析

履歴等

東北大学大学院経済学研究科経営学専攻博士課程後期修了 経営学博士
山形大学教授を経て現職。現在は中国西北工業大学客員教授。Asian Journal of Management Science and Applications など三つの国際学術誌のExecutive Editor等を担当し、The Asian Association of Management Science and Applications の会長(2013-2015)も務める。

著書・論文等

代表論文
  • Yin, Y., Stecke, K. E., & Li, D. (2018). The evolution of production systems from Industry 2.0 through Industry 4.0. /International Journal of Production Research/, /56/(1-2), 848-861. (ESI Highly Cited Paper)
  • Yin, Y., Stecke, K. E., Swink, M., & Kaku, I. (2017). Lessons from seru production on manufacturing competitively in a high cost environment. /Journal of Operations Management/, /49/, 67-76. (Best Paper Award Honorable Mention)

その他の著書・論文
https://scholar.google.com/citations?user=IpwuLbEAAAAJ&hl (Google Scholar)