同志社大学大学院 ビジネス研究科

教員募集

日本語

ビジネス専攻

募集分野
京都の伝統産業および文化ビジネス分野
※中小企業、事業承継、CSR・コーポレートガバナンスなど関連または他の専門分野があって「京都の伝統産業と文化ビジネス」の科目を担当できる方も選考対象です。


担当科目
「京都の伝統産業と文化ビジネス」等関連科目の担当

職名
専任教員(教授または准教授)(任期なし)

募集人員
1名

採用予定日
2022年4月1日

応募書類
  1. 履歴書(様式自由)...4部
  2. 業績書(様式自由)...4部
    *履歴書・業績書については、本研究科の所定用紙をご利用いただくことも可能です。
    履歴書(所定様式)[Excel 22KB]履歴書(記入例)[PDF 147KB]
    業績書(所定様式)[Excel 22KB]業績書(記入例)[PDF 199KB]
    提出前 履歴書・業績書チェックシート[PDF 75KB]
  3. 上記に記載の関連科目のうち1科目に関する講義概要並びに講義計画(90分×15回)...4部
  4. 研究業績(論文、著書等〔コピー可〕)...4部
    *業績は、代表的な研究業績10点以内をご提出ください。
    *公刊予定業績については、「掲載証明書」あるいは「出版予定証明書」を添付してください。
  5. 主要な業績5点以内について1500字程度の要旨...4部

応募資格
  1. 博士の学位あるいはそれと同等の学力及び研究業績を有すること。
  2. 国籍は問わない。講義は日本語で行うこと。グローバル経営研究専攻との兼担もありうるため、講義および教授会等での討議を英語でも行うことができることが望ましい。また、日本語による高度な文書作成能力(学外申請業務等)を有するとともに、学内行政業務を行うことが可能であること。
  3. 近畿圏内に居住可能であること。

待遇
  1. 【給与・手当】本学規程により支給する。手当は、期末手当、家族手当、住宅手当、通勤手当等を支給する。
  2. 【授業担当時間】1週8時間を基準とする。ただし必要に応じてこの時間を超えることがある
  3. 【保険】日本私立学校振興・共済事業団、雇用保険、労災保険に加入する。

応募締切
2021年9月30日(木)必着

選考方法
下記の要領で実施します。
  1. 第一次...書類選考
  2. 第二次(10月17日(日))...応募書類3.についての模擬講義及び面接
    (最終面接時における交通費については、ビジネス研究科の取扱い要領に基づき支給します。)
選考の結果は、本人宛に文書で通知します。

書類提出先
〒602-8580 京都市上京区今出川通烏丸東入
同志社大学大学院ビジネス研究科事務室 宛
(注)なお、封筒の表に「ビジネス専攻教員(分野名を明記のこと)応募書類在中」と朱書きのうえ、必ず書留郵便で送付すること(宅配便可)。

問合せ先
e-mail:ji-dbs@mail.doshisha.ac.jpに限らせていただきます。
タイトルに「ビジネス専攻教員募集」を含めてください。

その他
  1. 提出いただいた書類は原則として返却いたしません。厳重に保管・管理し、審査終了後は責任をもって破棄します。著書、論文等の返却をご希望の方は返却用の封筒(切手貼付)または宅配便送り状(着払)をご用意ください。
  2. 提出いただいた書類に含まれる個人情報は、個人情報保護法に基づき、選考及び採用以外の目的には使用いたしません。
  3. 選考結果に関する問い合わせにはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
※応募は締め切りました。

募集分野
イノベーション分野

担当科目
「イノベーションマネジメント」、「ビジネスモデルイノベーション」、「オープンイノベーション」、「Strategic management for Innovation and Change」等関連科目の担当
※情報技術分野も担当可能であることが望ましい。

職名
専任教員(教授または准教授)(任期なしまたは最長5年の任期付)

募集人員
1名

採用予定日
2022年4月1日(定年退職は65歳)

応募書類
  1. 履歴書(所定様式)[Excel 22KB]...4部(原本+コピー3部)
    履歴書(記入例)[PDF 147KB]
  2. 業績書(所定様式)[Excel 22KB]...3部
    業績書(記入例)[PDF 199KB]
    提出前 履歴書・業績書チェックシート[PDF 75KB]
  3. 上記に記載の関連科目のうち1科目に関する講義概要並びに講義計画(90分×15回)...3部
  4. 研究業績(論文、著書等〔コピー可〕)...1部
  5. 主要な業績5点以内について1500字程度の要旨...3部
    *1 業績は、修士論文・博士論文を含む全ての研究論文・研究業績を提出ください。
    *2 公刊予定業績については、「掲載証明書」あるいは「出版予定証明書」を添付してください。

応募資格
  1. 博士の学位あるいはそれと同等の学力及び研究業績を有すること。
  2. 国籍は問わない。(講義は日本語で行うこと。グローバル経営研究専攻との兼担もありうるため、講義および教授会等での討議を英語でも行うことができることが望ましい。また、日本語による高度な文書作成能力(学外申請業務等)を有するとともに、学内行政業務を行うことが可能であること。)
  3. 近畿圏内に居住可能であること。

応募締切
2021年3月9日(火)必着

選考方法
下記の要領で実施します。
  1. 第一次...書類選考
  2. 第二次(4月18日(日))...応募書類3.についての模擬講義及び面接
    (最終面接時における交通費については、ビジネス研究科の取扱い要領に基づき支給します。)
選考の結果は、本人宛に文書で通知します。

書類提出先
〒602-8580 京都市上京区今出川通烏丸東入
同志社大学大学院ビジネス研究科 研究科長 児玉俊洋
(注)なお、封筒の表に「ビジネス専攻教員(分野名を明記のこと)応募書類在中」と朱書きのうえ、必ず書留郵便で送付すること(宅配便可)。

問合せ先
e-mail:ji-dbs@mail.doshisha.ac.jpに限らせていただきます。

その他
  1. 提出いただいた書類は原則として返却いたしません。厳重に保管・管理し、審査終了後は責任をもって破棄します。著書、論文等の返却をご希望の方は返却用の封筒(切手貼付)または宅配便送り状(着払)をご用意ください。
  2. 提出いただいた書類に含まれる個人情報は、個人情報保護法に基づき、選考及び採用以外の目的には使用いたしません。

グローバル経営研究専攻(英語)

※応募は締め切りました。

募集分野
情報技術・情報管理と日本ビジネス実践のいずれか

担当科目
「Information Technology/Management」と「Japanese Business Practices」のいずれか、および関連科目の担当

職名
専任教員(教授または准教授)(任期なしまたは最長5年の任期付)

募集人員
1名

採用予定日
2021年9月21日あるいは2022年4月1日(定年退職は65歳)

応募書類
  1. 履歴書(所定様式)[Excel 22KB]...4部(原本+コピー3部)
    履歴書(記入例)[PDF 147KB]
  2. 業績書(所定様式)[Excel 22KB]...4部(原本+コピー3部)
    業績書(記入例)[PDF 199KB]
    提出前 履歴書・業績書チェックシート[PDF 75KB]
  3. 上記に記載の関連分野科目のうち1科目に関する講義概要並びに講義計画(90分×15回)...4部
  4. 主要な業績5点以内について1500字(英語の場合は300ワード)程度の要旨...4部
  5. 研究業績(論文、著書等。コピー可。)...4部 
    *1 業績は、修士論文・博士論文を含む全ての研究論文・研究業績を提出ください。
    *2 公刊予定業績については、「掲載証明書」あるいは「出版予定証明書」を添付してください。
  6. 下記応募資格の(1)の(b)に該当する場合は、十分な説明資料...4部

応募資格
  1. 以下の条件の少なくとも1つを満たすこと:
    (a)博士学位を有し、関連分野で十分な研究業績を有すること、または、目まぐるしく進歩する技術領域(AIなど)において先端的な実務の経験を有しており、今後の活発な研究活動を予測させること、
    (b)実務経験および大学内外の管理業務の実績が豊富にあり、企業との連携を生かし、日本ビジネス界で活躍する人材を育成するために貢献できること。
    (a)(b) いずれの場合においても、熱意をもって学内管理業務に携わることのできる人材であること。
  2. 国籍は問わない。英語でインタラクティブな方法により、多国籍の留学生に対してMBAの授業ができること。加えて、日本人学生(主に社会人)に対しての日本語での授業が可能であれば、なお望ましい。
  3. 採用後は京都に居住し、当研究科に常時通勤可能であること。
  4. 留学生募集に関して、ビジネススクールの日本国内および国際的な学生募集に積極的に活動する意志のあるもの。文科省や国際援助団体などとの関係構築の経験を有していれば、なお望ましい。
  5. 国際的ビジネススクールでの教員経験や、ビジネススクールの国際認証に関する経験を有することが望ましい。
  6. ビジネスの実務経験を有するか或いは教育(例:MBA)を受けていることが望ましい。
  7. 協調性がありチームワークを重視し、日本語での文書作成などの業務遂行能力を持つことが望ましい。

応募締切
2021年2月23日(火)必着

選考方法
下記の要領で実施します。
  1. 第一次...書類選考
  2. 第二次(2021年3月14日(日))...応募書類3.についての模擬講義及び面接
  ※最終面接時における交通費の支給については、以下の通りです。
     ・本学までの往復交通費実費
      国内から:5万円まで / 国外から:20万円まで(要領収書)
      (グリーン料金、ファーストクラス・ビジネスクラス料金は支給しない)
     ・宿泊費は支給しない
     ・近畿圏内に居住する候補者に対しては支給しない
選考の結果は、本人宛に文書で通知します。

書類提出先
〒602-8580 京都市上京区今出川通烏丸東入
同志社大学大学院ビジネス研究科 研究科長 児玉俊洋
(注) なお、封筒の表に「グローバル経営研究専攻教員応募書類在中」と朱書きのうえ、必ず書留郵便で送付すること(宅配便可)。

問合せ先
e-mail:ji-gmba@mail.doshisha.ac.jpに限らせていただきます。

その他
  1. 提出いただいた書類は原則として返却いたしません。厳重に保管・管理し、審査終了後は責任をもって破棄します。著書、論文等の返却をご希望の方は返却用の封筒(切手貼付)または宅配便送り状(着払)をご用意ください。
  2. 提出いただいた書類に含まれる個人情報は、個人情報保護法に基づき、選考及び採用以外の目的には使用いたしません。

English (Global Business and Management Studies)

※Application Closed

Area of specialization
One of the following areas: Information Technology/Management, Japanese Business Practices

Courses
The successful candidate will teach courses in the following areas or other courses related to the area of specialization indicated above.
  • Information Technology/Management
  • Japanese Business Practices

Position
Associate Professor or Professor
The position will be either a tenured position or a fixed term position, depending on the qualifications and experience of the successful candidate.

Number of Positions
1

Starting Date
September 21, 2021 or April 1, 2022.
The mandatory retirement age is 65.

Application
  1. CV: 1 original and 3 copies
    (Click for required format)[Excel 22KB], (Example)[PDF 147KB]
  2. Research Record: 1 original and 3 copies
    (Click for required format)[Excel 22KB], (Example)[PDF 199KB]
    (CV & Research Record Checklist[PDF 75KB], not required for submission)
  3. Syllabus for a course in one of the above areas (including course summary and schedule for fifteen 90-minute sessions): 4 copies
  4. Summary of five representative samples of research output* [in English (300 words per item) or Japanese (1500 characters per item)]: 4 copies
    *If necessary, less than five summaries is acceptable.
  5. Copies of all research papers and other research output: 4 copies
  6. If you fall under (1) (b) of the below mentioned qualification, submit sufficient explanatory materials: 4 copies

Qualifications
  1. At least one of the following conditions:
    (a) Hold a PhD degree and have sufficient research achievements in related fields, or have advanced practical experience in rapidly advancing technical fields (AI, etc.), and are expected to engage in active research activities in the future.
    (b) Have abundant practical experience and a track record of management work inside and outside the university, and can contribute to the development of human resources who will play an active role in the Japanese business community in cooperation with companies.
    In either case (a) or (b), are capable of enthusiastically engaging in internal university administration.
  2. Track record or ability to teach in an international MBA program in English in an interactive manner. All nationalities are welcome. The ability to teach in Japanese is not a requirement, but is preferred.
  3. Reside in Kyoto and come to the business school regularly.
  4. Can actively engage with admission activities to recruit various types of international students(private and/or government funded). Experience in building relationships with the MEXT and international aid organizations is preferred.
  5. Experience teaching in an international business school and experience related to international accreditation of business school are preferred.
  6. Business background or education (e.g., MBA) is preferred.
  7. A cooperative person with teamwork and collaboration skills. The ability to create documents in Japanese is not a requirement, but is preferred.

Application Deadline
Tuesday, February 23, 2021 (must be received by this date)

Selection Process
  1. First Screening: Review of documents
  2. Second Screening (Sunday, March 14, 2021) : Sample lecture (based on 3. in "Application" above) and interview
  For interview candidates, a travel allowance of 50,000 yen (domestic) or 200,000 yen (international) is provided.
    Please provide receipts.
    First and business class travel not covered.
    No travel allowance provided for candidates from the Kinki region.
    No accommodation allowance will be provided.
Candidates will be notified of the results of the selection process by letter.

Send application to
Please submit your application materials by registered mail or courier to:
    Prof. Toshihiro Kodama, Dean
    Doshisha Business School
    Karasuma Imadegawa Higashi-iru
    Kamigyo-ku, Kyoto City, Kyoto Prefecture
    Japan 602-8580

Contact
E-mail: ji-gmba@mail.doshisha.ac.jp

Notes
  1. In principle, application materials will not be returned. After the selection, Doshisha Business School will be responsible for disposing of materials. If you would like your application materials to be returned to you, please provide a self-addressed envelope with postage.
  2. The information provided for this selection process will not be used for any other purposes, in compliance with Japanese privacy protection laws.